読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HomebrewでPHP5.3.6をインストールする

PHP Mac

Formulaとあわせて手順を公開されてる記事があったのでそちらを参考に。

Formulaを落としてきて所定のディレクトリに配置。

$ curl -O https://github.com/ampt/homebrew/raw/php/Library/Formula/php.rb
$ mv php.rb `brew --prefix`/Library/Formula

インストールオプションを確認したり。

$ brew options php
php
--with-mysql
        Include MySQL support
--with-pgsql
        Include PostgreSQL support
--with-mssql
        Include MSSQL-DB support
--with-fpm
        Enable building of the fpm SAPI executable
--with-apache
        Build shared Apache 2.0 Handler module
--with-intl
        Include intl extension
--with-readline
        Include readline extension

今回はmysql,pgsql,apache,intlをチョイス。

brew install php --with-mysql --with-pgsql --with-apache --with-intl

intlはSymfony2で遊ぶのに必要。pgsqlつけたらPostgreSQL本体もインストールされた。
ビルドが終わるまで待つ…インストールおわり。

次はパスを通したりの作業。MacにはもともとPHPが入っていて(Xcodeと一緒に入るんだっけ?)そっちが優先されるので、切り替えていく。

まずはCLIのPHPを切り替える。zsh使ってるので~/.zshenvに追記。

echo 'export PATH='`brew --prefix php`'/bin:$PATH' >> ~/.zshenv

次はApachePHP。/etc/apache2/httpd.confを編集。

#LoadModule php5_module        libexec/apache2/libphp5.so
LoadModule php5_module        /usr/local/Cellar/php/5.3.6/libexec/apache2/libphp5.so
$ sudo apachectl restart

これで終わり。